Hatena::Grouplitrans

独日文芸翻訳クラブ通信 RSSフィード

2011-06-12

『名声』

| 10:16

[原題] Ruhm ――Ein Roman in neun Geschichten――

[著者名] ダニエル・ケールマン (Daniel Kehlmann)

[訳者名] 瀬川裕司

[ページ数] 236ページ

[発行年月日] 2010.12.25

[出版社] 三修社

[ISBN] 4384055455

[価格] 1,900円(税込)

[分類] 文芸一般

 


 エプリングが家族や同僚の圧力に負けて渋々買ったケータイに、毎日いろいろな人から「ラルフ」あての電話がかかってくる。自分はラルフではないと告げても、相手はそれを信用せず、構わず何度もかけてくる。ケータイのカスタマーサービスに問い合わせてもらちが明かない。いらいらを募らせたエプリングは、やがてラルフとして受け答えをするようになる。

 当読書案内でもご紹介した『世界の測量』で世界的ベストセラー作家となったダニエル・ケールマンが、意欲的なスタイルの作品に挑んだ。第1章「声」(上記あらすじ)で始まる本書は、9つの物語から成る短編集のように見えるが、実はそれぞれが緩やかなつながりを持つ長編小説なのである。もちろん、主人公がいて、その人物をめぐるさまざまなエピソードを紡いで1つの大きな流れをつくるという短編連作集はこれまでにもある。しかし本書は、いわば本編を持たないスピンオフ作品の集まりとでも呼ぶべきものだ。つまり、登場人物や出来事が少しずつ重なりはするものの基本的には独立した物語群が、携帯電話やパソコンといったツールを媒体として、コミュニケーションにまつわる1つの世界観をつくり上げているのである。

 また、本書の見どころの1つに現実と虚構のねじれがある。この作品にはレオ・リヒターという作家が登場するが、彼は自分が創作した作中人物であるロザリーやララ・ガスパールと奇妙な形で錯綜する。レオ・リヒターとその恋人は現実なのか、虚構なのか。本書は映画化され、2011年秋にはドイツなどで公開される予定であるが、このねじれがどのような映像になるのか、非常に興味深い。日本での公開が期待される。

 著者ダニエル・ケールマンは、1975年ミュンヘン生まれ、ウィーン在住。1997年に文壇デビューして以来、ドイツ語圏で注目を集めていたが、2005年発表の"Die Vermessung der Welt"(『世界の測量』2008年、三修社)が40カ国以上で翻訳出版され、世界的にも成功をおさめた。クライスト賞、トーマス・マン賞初め数々の賞を授与され、本書の原作"Ruhm"も発表後わずか1週間でシュピーゲル誌及びフォークス誌の売り上げランキング1位に躍り出るなど、今最も新作が待たれる作家の1人である。



 

(春眠)

 ☆『名声』をアマゾンでチェックする